石垣一浩のブログ

またの名を「ガキソン」 ギターリスト/作曲/編曲

2013年09月

今回は、5曲目センドアロングユーの説明です。


この曲は、かなり昔に作った曲です。


僕はその昔、まだ音楽学校に行っていたころ「JuJu」っていうインストバンドを
作って活動していました。今、歌手のJuJuさんが有名ですが、
僕のJuJuは全然売れませんでした(笑)


でもバンドのメンバーは、音楽学校在学中で有名ではなかったけど、
なかなかの凄腕ぞろいだったんですよ。


その時によくライブでやっていた曲ですね。自分的には好きな曲で、
今回アルバムに入れてみました。


その当時はエレキギターで弾いていましたが、今回はナイロンストリングスギター
で弾いています。


アレンジなど、その当時の感じで十分だなと思い、とくにいじること
もなく、大体その当時のアレンジのまま作りました。


昔に作った曲って、なんか思い入れが強くなるもんですね。


それでは、次はイリディセントクラウドの説明です。

t02200220_0532053212657352129
Circle of the World





今回は、4曲目ミッドナイトドリームですね。


この曲は、ちょっとお洒落な、スムースジャズ的な感じの曲ですね。
題名通りの感じの曲です。


曲の構成からいくと、前半がミッドナイトな感じで、後半は広がりの
ある曲調になり、ドリームな感じを醸し出し、前半と後半を合せて
ミッドナイトドリームになるといった感じです。


夜のドライブや夜景など合いそうな曲ですね、そのままですが。


この曲もベースを弾いています。この曲のベース、結構難しいんですよ!
頑張りました!ベーシストでも、こういう感じの曲に慣れてない人だと
なかなか苦戦しそうな曲です。



ギターはエレキギターのクリーンなトーンで弾いていますね。
ギターも頑張りました。


夜のドライブなどに是非聴いてみて下さい。

t02200220_0532053212657352129
Circle of the World







今回は、3曲目ホープの説明です。


ホープという題名は、よくあるありがちな題名かなとも思いますが、
この曲には、やはりこの題名が合っているかなと思いつけました。


この曲は結構前に作ったもので、ソロギター用に作曲したものですが
今回はバンドアレンジで作り直しました。


この曲ではベースも弾いてみました。ギターはナイロンストリングスギターで弾いています。


この曲はピアノのプログラミングに苦労しました、プログラミングとは言ったものの、
結構自分で弾いている部分も多いんですね。


自分で弾いた演奏のタッチやタイミングを生かしながら、やはりピアノの人のようにうまく
弾けない部分もあるので、そこをプログラミングでカバーするというような感じです。



そうしたやり方のほうが、やわらかい感じで仕上がるんですね。


この曲の構成も色々なアイディアを盛り込んでいます、楽しんで聴いて
いただければと思います。


次は4曲目、ミッドナイトドリームの説明です。

t02200220_0532053212657352129
Circle of the World






今回は2曲目のサークルオブザワールドの説明です。


アルバムタイトル曲ですね。


世界、円、まさに世界は一つ。手を取り合って、もっと言えば戦争反対!
という意味もこめています。


ワールドという言葉が入っているので、少し壮大なイメージの曲にしました。


音色も、シタールっぽい音を入れたり、ツィンバロムやエキゾチックなパーカッション
の音、笛やクラシカルなヒューマンボイスなど色々な音を入れてワールド感を少し演出
してみましたが、うまくいったでしょうか!


曲の構成も盛りだくさんな展開をしているので、少し長めの曲になりました。


ギターは2本使っていますね。エレキギターのロックテイストの音色と、ナイロンストリ
ングスをマイクで録ったアコースティックなイメージの音ですね。エンディングでは
この2本のギターのかけ合いになります。


様々な音色や、ギター2本の音色、演奏、そして盛りだくさんな曲の構成と、楽しんで
聴いていただければ嬉しいですね。


そして次回は、3曲目ホープの説明をしたいと思います。

t02200220_0532053212657352129
Circle of the World



回は1曲目、トゥルーパーパスの説明をしたいと思います。
トゥルーパーパス、本当の目的、どういう意味でしょうか。僕はこんな妄想をしました。


とある人が自分の中で、ある気持ちを抱いている。それは世の中を良くするための行動。
しかし、その行動をおこすのは恥ずかしいし周りからバカにされるかもしれない。が、
勇気をふりしぼりその行動をおこしてみた!


バカにされることもあるが、意外に賛同してくれる人も出てきて、その活動が軌道にのっ
てきて、その人の人生の中で大きな意味を持つ出来事のひとつとなった!


そんなイメージの曲なんですね(笑)でもインスト(歌なし)なんで説明されなければ
わかりませんよね。しかしこれがインストいいところでもあり、聴く人がそれぞれ自分
なりのイメージをふくらませて聴くことができるんですね。


これは曲ができて後から題名をつけました。出来上がってこの曲を聴いたとき、僕は
こんなストーリーを思い浮かべました。みなさんはどんなイメージを持つでしょうか。


この曲はナイロンストリングスのギターで弾いています。ギター以外はすべてプログラミング
の演奏で、なるべく人間味がでるようにプログラミングしていくのですが、


ピアノもベースもドラムもなるべく繰り返しのフレーズにならないように1小節づつ
丁寧にプログラミングしていって、曲の構成上では繰り返しでもフレーズは一緒の
フレーズにならないように、全曲そうですがなるべくアドリブで演奏してるように作って
いってます。



ギターソロなんかは、最初に適当なプログラミングの上でギターソロを弾き、ソロの録音
が終わってから改めてそのソロにアプローチするような演奏をプログラミングしていくと
いう二度手間的な感じで作っています。


とにかく1曲が出来上がるまでに時間がかかります。手間がかかる分、出来上がると嬉しい
ものですが。


それでは次回はサークルオブザワールド説明です。

t02200220_0532053212657352129
Circle of the World


t02200220_0532053212657352129


ブログ始めましたが、まずは作ってから少し時間がたちましたがアルバム
「Circle of the World」の紹介をしたいと思います。


今はダウンロード販売のみですが、後にはCD化もしたいと思っています。
CDはオンラインでの販売はせず、ライブ等のみでの販売となると思います。


生粋のジャズフュージョンサウンドと説明がありますが、僕のルーツでもあります
ジャズフュージョンサウンドを全面に押し出したインストゥルメンタル(歌なし)
の楽曲が中心のアルバムです。


大体1年くらいかけて作りました。すべてオリジナル曲で作曲、編曲、演奏、プログ
ラミング、レコーディング、ミックス、マスタリングと、すべて1人でやりました。
今回は曲によってベースも弾いてみました。


全体的に曲は少しですが長めで、色々なアイディアをドラマチックになるように
1曲1曲の中に詰め込みました。なかなか作るのは大変でしたが(笑


プログラミングにもだいぶ力を注ぎました。いわゆる打ち込みの作業です。
通常はそこまでやらないだろうというところまで気を配って作業しました。


大体打ち込みというとループ(くり返し)が多い場合がありますが、今回はそうは
しないでアドリブで演奏しているような雰囲気で作りました。


場所によっては1音1音、音量を変えて強弱をつけたり、タイミングを少しだけ
ずらして人間味を出したりと、本当に気の遠くなるよな作業を何日もかけてや
りました。


ミックス作業(各楽器の音量のバランスやパンふりなど)にもかなり時間をかけました。


勿論、演奏も頑張りました。今回はナイロンストリングスギターとエレキギターを
使っています。ナイロンギターのほうは、ラインの音とマイキングの音を使い分けて
います。


せっかくなので、次の更新から1曲1曲説明をしていきたいと思います。
 

このページのトップヘ